芦原会館独特の技術 サバキとは?

 サバキとは芦原英幸先代館長が考案した技術であり、従来の正面からのぶつかり合いで戦った場合、体の大きい人、力の強い人が勝つというイメージから脱却して、より合理的にトレーニングを行い、相手の攻撃に対してカウンター攻撃で相手を崩しながら、死角に回り込んで崩しながら制圧、止めを刺すテクニックの事である。(芦原空手は、受け、崩し…~ながらの空手である)

 この芦原会館独自の技術「サバキ」は他流派空手家も大いに研究、参考にして技術導入しており又、海外の軍隊、警察関係者からも高い評価を得ています。
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック